カテゴリ:個人住宅

新川M邸


【施工事例 新川M邸】 新川のM邸は太陽光発電システムも導入したRC-MK工法(スラボー)の住宅。 2階建RC住宅に使用されたスラボーとは、下地兼用打込型枠材のこと。木と水とセメントしか使っていない化学物質ゼロの建材です。人にも環境にも優しく、断熱・調湿性能に優れた住宅を造りあげることができます。 当初2階には各子供部屋を考えていたが、壁では仕切らず、いつでも間仕切りができる戸を設置。 普段は大広間のように明るく広々な空間となった。また、物が溢れないよう、収納にもこだわっています。 以前から関心のあった太陽光発電も取り入れ、自然と共存する住まいになっています。

前木組さん(@maekigumi)がシェアした投稿 –

お客様の声

shinkawam

スラボー住宅に住んでみて、人の家や実家と比べても温度や湿度の違いを感じます。それと、これは偶然なのかわかりませんが、子供の喘息が出なくなりました。 台風時のパネルが心配でずっと迷ってましたが、前木組さんオススメのシャープの太陽光発電システムは塩害にも強い沖縄仕様で60~70Mの風も大丈夫だと聞いて決断しました。目で数字を見ると節電意識も上がり、少しでも環境に貢献できてる感があります。 この家を造って、とにかく多くの人が遊びにきてくれています。第一印象も良く、現場の美化など、すべてにおいて前木組に決定して良かったと思っています。満足度95%、残りの5%は…機会があれば、是非また家づくりがしたいというとこですかね!(笑)