火の神=ヒヌカン=太陽神


沖縄のお家の神様の中で、もっともお世話になっている“ヒヌカン”。

ヒヌカンは“火の神”と書きますね。

火に宿る神を『火神』と信仰し、『かまど』が神のいる場所、神聖な場所として拝みの対象になりました。

もともとは太陽を信仰していくうちに、古代沖縄人は地上の火に太陽の化身を見出したそうです。

「うちにはヒヌカンはない」という方、それでも大丈夫!

ヒヌカンはアガリティダ(朝日)出身なので、朝日(東の空)に向かって手を合わせれば、ヒヌカンに手を合わせるのと同じ意味があるそうです。 

朝10時ちょっと過ぎまでのお日さまがいいとか。 

曇りや雨でお日さまが出ていなくても関係ありません。 

雲の上ではいつもお日さまがこちらを照らしていますから ♪


コラムカテゴリー

アクセスランキング(週間)

人気のタグ