カテゴリ:暮らしのアイデア

なぜ風邪は「ひく」なのか?


ほんの少し涼しくなったと感じる石垣島。

さっそく風邪やインフルエンザが流行っているようです。

ところで、「病気になる」「インフルエンザにかかる」といいますが、風邪だけはなぜ「ひく」というのでしょう?

“ふうじゃ”から“かぜ”に

風邪は空気の流れを表す「風」と同じ読み方をするように、風が語源になっていて、昔は「風」と書いていたそうです。

中国では、外気に邪気が潜んでおり、体に悪い影響を及ぼすと考えられていたことから、「風」に「邪」を付けて「風邪(ふうじゃ)」と表しました。

「風邪」の漢字が日本に入った当初は、「ふうじゃ」と音読していましたが、やがて和語の「かぜ」に「風邪」を当て、病気と空気の流れを区別するようになったそうです。

 

風邪は体に悪い影響を及ぼす邪悪な風を引き込むことからなると考えられてた病気なので、「風邪をひく」というようになったそうですよ~!

 

お大事に (>_<)


コラムカテゴリー

アクセスランキング(週間)

人気のタグ