立春大吉


もうすぐ節分。

今年の恵方は「南南東」です!

2021年の節分は、明治30年(1897年)以来124年ぶりに「2月2日」になるそうなのでお間違いなく。

 

そして節分の翌日は立春ですね。 

節分は季節の分かれ目の意味があり、冬が終わり立春の日から春になるということを意味しています。 

昔は暦の上での春から一年の始まりとしていました。 

なので立春は新しい年が始まる1日。 

節分に豆を撒いて厄を払うのは次の年を良いものにするためだったようです。

また、あまりなじみのない言葉ですが「立春大吉」という言葉があります。