Let’s 運盛り!


12月22日は冬至です。

北半球では太陽が一年で最も低い位置にきて、昼が短く夜が一番長くなる日ですね。

冬至にはゆず湯に入ることが有名ですが、「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるともいわれています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん・・・・・かぼちゃは、なんきん!など。 

「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたようです。  

運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ていますね。

また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているそうです。

注)一陽来復・・・冬が終わり春が来ること。新年が来ること。悪いことが続いた後で幸運に向かうこと。


コラムカテゴリー

アクセスランキング(週間)

人気のタグ